ダイエット > ダイエットに生野菜は不向き

ダイエットに生野菜は不向きについて

効率よく体脂肪を減らすには、バランスよくビタミンやミネラルを摂らなければいけません。
それらの栄養素が豊富に含まれているのが野菜です。
野菜は、カロリーが低く、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘予防にもなります。
このように、ダイエット中の人にとって、野菜は必要不可欠なのです。

1日に必要な野菜の摂取量は、300グラムが目安で、1食分にすると100グラムです。
それを生で食べようとすると、両手大盛りに持ったくらいのボリュームです。
野菜をたっぷり食べて、健康的にダイエットしようとして、失敗してしまった人の中には、野菜を生で食べていた人が多いようです。
生のまま300グラムの野菜を毎日食べ続けるのは、かなり大変なことだと思います。
また、生野菜ばかりを食べていると体が冷えてしまい、消化吸収に悪影響を与える恐れもあるそうです。

さらに、サラダにかけるドレッシングは、種類によってはかなりカロリーが高めです。マヨネーズについては、軽く絞るだけで100キロカロリーもあるのです。
また、サラダに使われる野菜は、淡色で水分が多いものがほとんどですが、それらは量の割にビタミン類があまり多くないようです。
逆に、栄養素を豊富に含む緑黄色野菜は、火を通さないと食べにくいものが多いです。つまり、効率よくたくさんの野菜を摂るには、生で食べる以外にも、茹でたり、煮たり、蒸したりして、調理の仕方をいろいろ工夫するのが大切なのです。

だから、同じサラダを作るにしても、ゆで野菜で作ったホットサラダにしましょう。
そして、ドレッシングはノンオイルタイプのものを使えば、カロリーを気にせずにたっぷり食べられます。
調理法を工夫すれば、毎日楽しくたっぷりの野菜が食べられますよ。