ダイエット > 薬によるダイエットの危険

薬によるダイエットの危険について

手っ取り早く体重を落としたくて、下剤や利尿剤などを利用して、体内の老廃物を無理やり出すことで、体重を減らしている人もいます。

確かに、体内の便や尿を外へ出してしまえば、一時的には体重が落ちるかもしれません。

しかし、これは脂肪が減ったとは言えないので、決してダイエットでやせたことにはなりません。

食生活や生活習慣が変わったわけではないので、このようにしてやせたとしても、あっという間にリバウンドしてしまいます。

さらに、下剤などによって腸が必要以上に刺激されて、うまく働かなくなってしまい、食事による栄養素をしっかりと吸収できなくなってしまうこともあるのです。

消化機能自体が正常に働かなくなってしまったら、健康的な体に戻すのも困難になってしまいます。

このように、下剤などを使ってやせる下剤ダイエットは、本当のダイエットとはいえません。

このような方法は、結果的に体を壊してしまうだけなので、決して行なわないようにしてください。

また、簡単にやせたいと考える人は、「やせる薬」を利用しようとする人も多いです。

アメリカについていうと、スーパーモデルが愛用しているという「やせる薬」が、数多く売られています。

その中には、食欲を抑えるタイプや、脂肪吸収を抑えるタイプなどがあります。

食欲を抑えるタイプは、飲み続けると副作用が現れることがあり、脂肪吸収を抑えるタイプは、激しい下痢になることが多いようです。
だから、このような薬を利用するには、医師の指示のもと服用しないと危険なのです。

ダイエットの成果がなかなか現れないと、すぐにやせられる方法がないかと、弱気になってしまうかもしれません。
しかし、そこでこのような薬を間違った方法で使ってしまったら、健康に害を起こすこととなり、それまでの努力は水の泡となってしまいます。
やはり、ダイエットは地道な努力によって、心も体も鍛えることが大切なのです。