ダイエット > 低炭水化物ダイエットの安全性

低炭水化物ダイエットの安全性について

「低炭水化物ダイエット」というダイエットを、聞いたことや試したことがある人は多いと思います。

この方法は、あまり安全なダイエット法ではないようです。

低炭水化物ダイエットとは、ご飯やパン、めん類をまったく食べないで、体内に貯蓄された皮下脂肪を消費させることによって、体重を減らすという方法です。

しかし、ここに、低炭水化物ダイエットの恐ろしい罠が潜んでいるそうです。

一切ご飯やパンなどを食べてはいけない、という低炭水化物ダイエットのやり方は、生活習慣病につながる恐れがあるそうです。

炭水化物を摂らないでいると、糖質を減らすという効果がありますが、この糖質は実は脳にとって必要不可欠な栄養素のひとつなのです。

ダイエットで、糖質を減らしてしまうと、脳にダメージを与えてしまい、偏頭痛を起こす人もいるそうです。

低炭水化物ダイエットでは、脂質やタンパク質などを摂取してもいいので、炭水化物を摂れない反動で、大量に動物性の食品を摂取してしまい、生活習慣病を招く恐れがあると言われています。

そして、とくに日本人にとっては、便秘になりやすくなる傾向があるようです。

これは、日本人の腸の長さと関係があるそうです。

また、たいてい日本人は、お米やラーメン、うどんなどのめん類が好きなので、炭水化物を食べてはいけない、というのはなかなか難しいです。

低炭水化物ダイエットは、短期間で体重を減らす効果はあるようですが、健康の面を考慮すると危険性が高い方法だと思います。

やはりバランスの取れた食事で、健康的に実践できるダイエット法が、日本人に向いていると思いますよ。