ダイエット > 単品ダイエットが失敗する理由

単品ダイエットが失敗する理由について

ダイエットの方法には、ある特定の食材だけを食べるという方法もありますが、良い効果がなかなか出ないどころか、体の不調が現れる場合もあるようです。

「りんごダイエット」を試した人の体験談です。

このダイエットのやり方は、一日口にしていいのはりんごと水だけ、という過酷なダイエットです。

それを3週間続けたそうですが、常にお腹が空いている状態で、体力はなくなり、見かけもガリガリにやせてしまいました。

その後は、すぐにリバウンドしてしまい、体調を崩してしまうなど、とても苦労したそうです。

このほかに、有名な単品ダイエットには、グレープフルーツダイエット、ゆで卵ダイエット、パイナップルダイエットなどがあります。

このダイエット法は、極端に摂取カロリーが減るので、短期間で体重を減らすことができます。

しかし、ずっと同じものばっかり食べるので、当然飽きてきますし、栄養価が偏って健康面に支障が出てきます。

また、摂取カロリーが少ないことで、軽い飢餓状態だと身体が判断し、エネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

その結果、運動をしない限り、基礎代謝が確実に落ちてきます。

そして、このダイエットをやめたとき、リバウンドが起こってしまうのです。
ダイエットに失敗してしまうのは、「単品ダイエット」のような間違ったダイエットを行なうからなのです。規則正しい生活をし、自分に合った摂取カロリー分の食事を摂り、適度な運動をしてやせるのが一番です。