ダイエット > 生理中は太りやすい?

生理中は太りやすい?について

ダイエットのために食生活に気をつけていても、生理前になると、どうしても食欲が抑えられなくて困っている人は少なくないようです。

ダイエットに何度も挑戦してやっと成果が出てきても、生理前になると、止められないくらいの食欲が出てきてしまい、それまでの努力が水の泡になってしまって、悩んでいる人もいます。

どうして、生理前になると食欲が出てきたり、太ったりしてしまうのでしょうか。

この理由は、月経前症候群(PMS)によるものです。

PMSとは、心と体に起こるトラブルの総称のことで、生理が始まる約2週間前頃から現れます。

これは、急激に女性ホルモンの分泌量が変化することに関係があるそうです。

PMSの症状には「むくみ」という症状が挙げられます。

PMSとは、日常生活に悪影響を与えるほどの場合ですが、たいてい女性は、月経前の1週間前から月経中の間は、むくみが出やすくなるようです。

これは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンにより、体に水分を貯めやすくする性質があるからだそうです。

また、生理中に太ったように感じるのは、黄体ホルモンだけが原因ではありません。
大腸のぜん動運動が低下することから、便秘になりやすくなります。
このような原因で、生理前は体が重く感じるようです。
でも、生理前に起こる体の重さは、生理が始まれば改善してきます。
だから、あまり神経質に悩まないように、ストレスを解消する方法を見つけられると良いでしょう。