ダイエット > 寒天ダイエットの落とし穴

寒天ダイエットの落とし穴について

「寒天ダイエット」とは、食物繊維が豊富で、満腹感もあり、カロリーがほとんどない寒天を、積極的に摂取することでダイエット効果が期待できる、という方法です。

寒天は体にはとても良い食品であることに間違いありませんが、限度を超えると話は別です。

寒天ダイエットを行なって、寒天の摂取量を誤ってしまい、大変なめに合った人もいます。

この人は、寒天から1日の食物繊維摂取量を大きく超えた量を摂取し、それ以外の食品からも、食物繊維をより多く摂るようにしていたそうです。

その結果、食物繊維過剰摂取によって、激しい下痢などの体調不良を引き起こしてしまったそうです。

食物繊維の働きの中で注目されているのは、発ガン性物質などの毒素や有害なミネラルを吸収して体外に出すことです。

ところが、過剰に食物繊維を摂ると、有害な物質と一緒に、ビタミンや鉄などの身体に必要なものも吸着してしまいます。

その結果、ミネラルなどが不足して、味覚障害や貧血など発症してしまうそうです。

1日に必要な食物繊維の摂取量は、成人で約20~25gとされていますが、現代人は13~18gしか摂れてないそうです。

そこで、その不足分を補うために寒天を摂取するので、その目安としては1日に7~8gです。

寒天ダイエットを行なう際は、これらのことをよく頭に入れて、規則正しい食生活の中でバランスよく実行すれば、良い結果が現れることでしょう。